経験値の積み重ねを目指して

ITの業界で仕事を探すことにおいて、経験の有無が大きく左右されます。

新しい仕事を覚えて経験を積んで、転職をするという繰り返しで、育つということもあります。

IT経験者が求められるコンサルティング会社は、ITを使った業務改革、ITの知識と業務の両輪を使って企業の改革のためのコンサルティングをすることです。

例えば、会計基幹システムの導入、サプライチェーンマネジメントの導入、カスタマーリレーションマネジメントの導入や公共機関対象のシステムコンサルティングなどです。

IT経験者が評価される理由は、業務システムがほとんどITを通して仕組まれているからです。ITと商売の仕組みは表裏一体と言えるのです。

例えば、コンサルタントを業務とする企業は、業務システム、会社を運営するために必要な仕事のための、IT経験者が活躍しています。

経験を有利に利用できるように考えるならば、特定の領域、例えば、在庫管理、財務会計の領域などに詳しく経験が深い、というようなことが得策と考えられます。

業務システムの中でも、オープン系のシステムの経験が重視されます。

社会人経験があって、IT業界の経験者であれば、求める企業はスペシャリストとして採用するところがあるようです。エンジニア、プログラマ、プロジェクトマネージャー、コンサルタントなどのかなり広い範囲の採用が見込まれます。そして、職種の中で少しずつスキルと経験を身につけて、キャリアップしていくのです。

求人広告の場合には、「未経験者可」というのは、全く未知の世界の人でもいいよということではなく、「資格はとったけれども経験はない」ということのようです。有資格者で経験ゼロだった私は、いまシステムエンジニアとしてIT業界で働いています。まだまだ、これからもっと知識を付けて経験を積んでいかないといけない身ですが、これからのキャリアプランも同時に考えていくつもりです。
そのときの参考にしているのが、プログラマのキャリアと仕事解決サイトです。このサイトでは、つまづくPOINTをまとめられていて、非常にわかりやすく、今後のキャリアを考える上で大変参考にさせていただきました。

Leave a Reply